研究内容の紹介

さまざまな状態(低温、高圧、ナノ空間中)における液体や溶液、イオン液体を研究対象とし、

それらの構造やダイナミクス(分子の並進や回転運動)をミクロスコピックに追求しています。

 

これらの研究に使用する主な手法を以下に記します。

溶液の構造:X線回折法,中性子回折法,中性子小角散乱法

ダイナミクス:NMR緩和法、中性子準弾性散乱法

シミュレーション:分子動力学(MD)

 

X線実験はSPring-8で、

中性子実験は実験室レベルではできませんので、大強度陽子加速器施設J-PARC(茨城県東海)や

Rutherford Appleton Laboratory ISIS (U.K.)まで行き実験しています。

 

主な研究テーマ

1.  イオン液体中の金属錯体形成

2.  X線吸収・発光分光法によるイオン液体の観測

3.  さまざまな水混合溶媒の疎水性指標

4.  アルコール−水混合溶液中におけるアミノ酸分子およびペプチドの溶媒和構造

5.  二酸化炭素化学吸収液の構造と反応機構解明

6.  グリーン溶媒中におけるリチウムイオンの溶媒和構造とダイナミクス

説明: 説明: 説明: 説明: DSCF0133

SANS-U分光器(Reactor JRR-3M)                    MDシミュレーションによるHFIP-水中の両親媒性分子の溶媒和

説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\T. Takamuku\Documents\研究室\HomePage\2011\takamuku\photo\sozai\nmr3.jpg 説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\T. Takamuku\Documents\研究室\HomePage\2011\takamuku\photo\sozai\nmr2.jpg
NMR (
佐賀大学)       2次元スペクトル(NMR)

Back